静岡県で耐震診断・耐震補強の補助金≪木造住宅耐震化プロジェクト「TOUKAI-0」≫

静岡県で耐震診断・耐震補強の補助金

静岡県で耐震診断・耐震補強の補助金(木造住宅耐震化プロジェクト「TOUKAI-0」)

静岡県は、平成18年に「静岡県耐震改修促進計画」の第1期計画(平成18年~平成27年)、平成28年に第2期計画(平成28年~令和2年)を策定し、住宅・建築物の耐震化に向けた各種施策に取り組み、
令和3年に耐震化の現状や課題等を踏まえ「静岡県耐震改修促進計画」の第3期計画(5ヶ年計画)を策定しています。

平成13年度に立ち上げた「木造住宅の耐震化プロジェクト「TOUKAI-0」」では、目標である令和7年度末の住宅の耐震化率95%の達成のため、耐震化が必要な住宅に居住する世帯に対して耐震化の重要性を確実に伝えるとともに、各世帯の事情に応じて「耐震化(耐震補強、建替え)」又は「命を守る対策(防災ベッド、耐震シェルター等)」のいずれかに誘導し、令和7年度までにプロジェクトの総仕上げを図ります。

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

防災用品専門店ピースアップ

ピースアップは東日本大震災の翌年2012年10月に設立、2022年に設立10周年を迎え現在、防災士が5名在籍する、安全と安心と減災をお届けする防災用品専門店です。防災士が監修した防災セット・非常食セットの他、消防・操法装備品、消防機材、防犯用品、救命用品を含め約2000種類の商品から選べます。

≪防災士監修 4人用/3日分(36食)非常食セット≫【ピースアップ】 防災用品専門店ピースアップ
=災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】=

=PR= 災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】

ポータブル電源

ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きいため、蓄電池としても使用することができます。また、AC電源が搭載されているので、スマートフォンなどのモバイル製品だけでなく様々な家電への給電をすることが出来ます。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】 ポータブル電源

静岡県 専門家による無料耐震診断【わが家の専門家診断】

本人の費用負担なし(無料)で、市町が専門家(静岡県耐震診断補強相談士)を派遣し、耐震診断を行います。診断後に、住宅の耐震性を説明するとともに、一般的な相談にも対応します。申込みは、電話1本でできます。

対象住宅
静岡県内にある、昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅。
戸建のほか、長屋、共同建ても対象です。
併用住宅は半分以上が、住宅として使われているものに限ります。
昭和56年6月1日以降に増改築した場合や、一部に鉄骨や鉄筋コンクリートが使われている場合は、お住まいの市町へご相談ください。
(相談・申込み 市町窓口)

申請者
対象住宅にお住まいの方。
借家等の場合は、大家さんも申請できますが、入居者の方の同意を取って下さい。

費用
申請者の方の費用負担はありません(無料)。

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

防災用品専門店ピースアップ

ピースアップは東日本大震災の翌年2012年10月に設立、2022年に設立10周年を迎え現在、防災士が5名在籍する、安全と安心と減災をお届けする防災用品専門店です。防災士が監修した防災セット・非常食セットの他、消防・操法装備品、消防機材、防犯用品、救命用品を含め約2000種類の商品から選べます。

≪防災士監修 4人用/3日分(36食)非常食セット≫【ピースアップ】 防災用品専門店ピースアップ
=災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】=

=PR= 災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】

ポータブル電源

ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きいため、蓄電池としても使用することができます。また、AC電源が搭載されているので、スマートフォンなどのモバイル製品だけでなく様々な家電への給電をすることが出来ます。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】 ポータブル電源

静岡県 耐震補強工事に対する補助【木造住宅耐震補強助成(補強計画一体型)】

耐震性に問題がある木造住宅の耐震補強工事(補強計画一体型)に対して補助金が受けられます。市町によって補助金額が異なるため、お住まいの市町にお問い合わせください。

大工さん等と契約する前に必ず、市町へ補助金の申請をしてください。この補助制度を利用する場合、市町によっては施工者の制限がありますので、詳しくは市町へご確認ください。
また、適正に工事が行われていることの確認を、建築設計事務所に依頼してください。

対象住宅
静岡県内にある、昭和56年5月31日以前に建築された、耐震診断の結果が総合評点1.0未満の(「倒壊する可能性がある」又は「倒壊する可能性が高い」)木造住宅。
戸建のほか、長屋、共同建ても対象です。
昭和56年6月1日以降に増改築した場合や、一部に鉄骨や鉄筋コンクリートが使われている場合は、お住まいの市町へご相談ください。
(相談・申込み 市町窓口)

申請者
対象住宅にお住まいの方。
借家等の場合は、大家さんも申請できますが、入居者の方の同意を取って下さい。

補助対象
総合評点を0.3ポイント以上向上させ、1.0以上にする耐震補強工事について、大工さん等に支払った経費。

補助金額
耐震補強工事費等に対して最大100万円の補助金が受けられます。市町によって補助金額や補助要件が異なるため、お住まいの市町にお問い合わせください。

静岡県 ブロック塀等の撤去・改善に対する補助【ブロック塀等撤去・ブロック塀等改善】

ブロック塀等の耐震改修に対する補助

地震により倒壊又は転倒する危険のある、避難路沿道等に面するブロック塀等の耐震改修をする場合、補助金が受けられます。

申請者
ブロック塀等の所有者、居住者、使用者

補助対象
地震により倒壊又は転倒する危険のある、避難路沿道等に面するブロック塀等

補助金額
補助率:2/3以内
補助金額:6,400円/m
市町により、条件が異なる場合があります。詳細についてはお住いの市町へお問い合わせ下さい。

ブロック塀等の建替えに対する補助

地震により倒壊又は転倒する危険のある、避難路沿道等に面するブロック塀等の建替えをする場合、補助金が受けられます。

申請者
ブロック塀等の所有者、居住者、使用者

補助対象
地震により倒壊又は転倒する危険のある、避難路沿道等に面するブロック塀等

補助金額
補助率:2/3以内
補助金額:9,730円/m
市町により、条件が異なる場合があります。詳細についてはお住いの市町へお問い合わせ下さい。

ブロック塀等の除却に対する補助

地震により倒壊又は転倒する危険のあるブロック塀等を耐震性のある塀等に改修する場合、補助金が受けられます。なお、他の塀に転換する場合は、生垣等安全な塀(組積造の塀を除く)にする必要があります。

申請者
ブロック塀等の所有者、居住者、使用者

補助対象
地震により倒壊又は転倒する危険のある、道路に面するブロック塀等

補助金額
補助率:2/3以内(避難路沿道等に面していない場合は1/2以内)
補助金額:3,330円/m(避難路沿道等に面していない場合は2,330円/m)
市町により、条件が異なる場合があります。詳細についてはお住いの市町へお問い合わせ下さい。

静岡県 テレワーク対応リフォーム補助制度

静岡県では、テレワークを始めとした「新しい生活様式」に対応した住まいの普及を進めています。
テレワーク対応リフォーム補助制度は、住宅内に新たにテレワークスペースを確保するためのリフォーム(必須工事)や感染予防・家事負担軽減などのリフォームへの補助を行うものです。
耐震対策と併せてリフォームを行う方は、一般募集の方とは別で申請枠を設けてあり、申請期間も長めになっています。

補助額
リフォーム費用の1/2で、35万円が上限

対象者
リフォームを実施する居住者または居住予定者(個人)

申請開始
令和4年5月10日(火曜)~

問合せ
静岡県くらし・環境部建築住宅局住まいづくり課(電話:054-221-3081)

静岡県窓口(くらし・環境部建築住宅局建築安全推進課)

静岡県くらし・環境部建築住宅局建築安全推進課
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-3320
ファクス番号:054-221-3567
kenchikuanzen@pref.shizuoka.lg.jp