宮城県で耐震診断・耐震補強の補助金≪木造住宅耐震助成制度みやぎ方式≫

宮城県で耐震診断・耐震補強の補助金

宮城県で耐震診断・耐震補強の補助金(木造住宅耐震助成制度)

宮城県では、地震災害から県民の安全を確保するために、県内建築物の耐震化を推進しています。中でも多くの県民が居住する木造住宅の耐震化は重要であり、「耐震診断」による危険性の把握と、それに基づく「耐震改修の促進」が緊急の課題となっております。県内各市町村では、旧耐震基準(昭和56年5月以前の建築基準)で建てられた木造住宅の耐震化(耐震診断及び耐震改修工事)に対する助成制度を実施しており、所有者はその補助金を活用して木造住宅の耐震化を実施することができます。

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

防災用品専門店ピースアップ

ピースアップは東日本大震災の翌年2012年10月に設立、2022年に設立10周年を迎え現在、防災士が5名在籍する、安全と安心と減災をお届けする防災用品専門店です。防災士が監修した防災セット・非常食セットの他、消防・操法装備品、消防機材、防犯用品、救命用品を含め約2000種類の商品から選べます。

≪防災士監修 4人用/3日分(36食)非常食セット≫【ピースアップ】 防災用品専門店ピースアップ
=災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】=

=PR= 災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】

ポータブル電源

ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きいため、蓄電池としても使用することができます。また、AC電源が搭載されているので、スマートフォンなどのモバイル製品だけでなく様々な家電への給電をすることが出来ます。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】 ポータブル電源

「みやぎ方式」による木造住宅耐震助成

宮城県の木造住宅の耐震助成事業は、「耐震診断」から「改修工事」まで一連の流れで助成する「みやぎ方式」にて実施しています。耐震診断の結果、「倒壊する可能性がある」(上部構造評点0.7以上1.0未満)又は「倒壊する可能性が高い」(上部構造評点0.7未満)と判定された場合は、耐震診断の実施時に改修計画の策定(耐震補強案と概算工事費の算出)まで行うことにより、スムーズに耐震改修工事へと引き継ぐことができます。

「みやぎ方式」による木造住宅の耐震助成制度は、平成16年から実施しており、多くの県民の皆様の御理解をいただきながら、県内の木造住宅の耐震化を進めています。

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

防災用品専門店ピースアップ

ピースアップは東日本大震災の翌年2012年10月に設立、2022年に設立10周年を迎え現在、防災士が5名在籍する、安全と安心と減災をお届けする防災用品専門店です。防災士が監修した防災セット・非常食セットの他、消防・操法装備品、消防機材、防犯用品、救命用品を含め約2000種類の商品から選べます。

≪防災士監修 4人用/3日分(36食)非常食セット≫【ピースアップ】 防災用品専門店ピースアップ
=災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】=

=PR= 災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】

ポータブル電源

ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きいため、蓄電池としても使用することができます。また、AC電源が搭載されているので、スマートフォンなどのモバイル製品だけでなく様々な家電への給電をすることが出来ます。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】 ポータブル電源

宮城県 みやぎ木造住宅耐震診断助成

<耐震一般診断、改修計画作成>
市町村が住宅所有者の求めに応じ、一般診断及び耐震改修計画作成を行う「木造住宅耐震診断士」を派遣する場合、その費用の一部を助成する。なお,当該事業は、市町村が実施する事業の費用の一部を負担するものであり、県から住宅所有者に直接補助するものではありません。

対象建築物
昭和56年5月31日以前建築の木造在来軸組構法(伝統的構法、枠組壁工法を含む)の戸建て住宅

補助額等
診断費用(仙台市以外の市町村)
通常:150,800円
本人負担:8,400円(石巻市0円,村田町・南三陸町3,400円)
公的負担:142,400円
(国2分の1,県4分の1,市町村4分の1)
診断費用は住宅の規模により割増となる場合があります。

限度額 150,800円

宮城県 みやぎ木造住宅耐震改修工事促進助成

<耐震設計、改修工事>
市町村が,住宅の耐震改修設計及び耐震改修工事に要する費用の一部を助成する場合に、その費用の一部を助成するなお,当該事業は、市町村が実施する事業の費用の一部を負担するものであり、県から住宅所有者に直接補助するものではありません。

対象建築物
市町村の実施する木造住宅耐震診断助成事業で作成した耐震改修計画に基づき、改修設計及び改修工事を行う住宅、又は上部構造評点が1.0未満で建替え工事をおこなう住宅

補助額等
県から市町村への助成額
(1)又は(2)の額(市町村により異なります。)

(1)耐震化工事に係る費用の25分の3以内の額(上限150,000円/件)
なお、「その他改修工事」※2を耐震化工事と同時に行う場合は、費用の5分の1以内の額(上限250,000円/件)
(2)耐震化工事に係る費用の12分の1以内の額(上限75,000円/件)
なお、「その他改修工事」※2を耐震化工事と同時に行う場合は、費用の36分の7以内の額(上限175,000円/件)

限度額 1,250,000円 又は 900,000円

宮城県窓口(建築宅地課企画調査班)

宮城県土木部 建築宅地課企画調査班
宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号
(宮城県行政庁舎9階 南側)
電話番号:022-211-3245
ファックス番号:022-211-3191