神奈川県で災害ボランティア支援拠点は≪かながわ県民活動サポートセンター≫

かながわ県民活動サポートセンターに神奈川県災害救援ボランティア支援センター
=災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】=

=PR= 災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】

ポータブル電源

ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きいため、蓄電池としても使用することができます。また、AC電源が搭載されているので、スマートフォンなどのモバイル製品だけでなく様々な家電への給電をすることが出来ます。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】 ポータブル電源

神奈川県の災害ボランティア活動の支援拠点

神奈川県では、県災害本部を設置した時は、災害救済ボランティア活動への支援を行うため、神奈川県社会福祉協議会、神奈川県共同募金会、神奈川災害ボランティアネットワークと協働・連携し、「県災害救援ボランティア支援センター」を「かながわ県民活動サポートセンター」に設置します。

県災害救援ボランティア支援センターの主な役割・体制

・災害救援ボランティアに関わる情報収集・発信
・被災地域災害ボランティアセンターの設置及び運営支援
・市町村災害ボランティアセンターと災害救援ボランティアとの連絡・調整
・災害救援ボランティア活動への支援

・設置・運営主体:かながわ県民活動サポートセンター
・運営協力者:
 ・神奈川県社会福祉協議会
 ・神奈川災害ボランティアネットワーク
 ・神奈川県共同募金会

4者の実施体制

かながわ県民サポートセンター
 ・設置・運営主体
神奈川県社会福祉協議会
 ・市町村災害ボランティアセンターの設置・運営支援
 ・県内市町村社協、全国社協等県外社協との連絡調整等
神奈川県共同募金会
 ・災害ボランティアセンターの財政的支援
 ・災害ボランティア活動支援プロジェクト会議との連絡調整
神奈川災害ボランティアネットワーク
 ・災害救援ボランティアに関わる情報収集・発信
 ・県内外の災害救援ボランティア団体との連絡調整

=PR=【防災士が厳選した防災グッズ39点セット】=

=PR= 【防災士が厳選した防災グッズ39点セット】

防災グッズ

【日本発、防災グッズブランドDefend Future(ディフェンドフューチャー)】シリーズ累計190,000個。 防災士が被災者の声から作った災害後3日間を生き抜く事を念頭においた防災セットです。自治体や企業への納入実績あり。

防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】 防災グッズ

かながわ県民活動サポートセンター

かながわ県民活動サポートセンターは、ボランタリー活動(自主的で営利を目的としない社会貢献のための活動)を総合的に支援する神奈川県の機関です。かながわ県民センター(建物名称)に入っています。

かながわ県民活動サポートセンター事務室(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町 2-24-2かながわ県民センター8階)

 「かながわ県民センター」は、県民の皆様に様々なサービスを提供する機関が入っている建物で、神奈川県が設置運営している施設です。

平常時に行う対策

「災害救援ボランティア受入体制の整備」
・先遣隊派遣体制の整備 経験者から先遣隊メンバー確保し体制整備
・活動拠点整備県サポ11Fに事務局、同9,10Fに支援団体の本部機能設置(代替え施設確保)
・災ボラの資器材確保企業と協定締結、通常防災資器材備蓄品の転用のしくみ検討

「ネットワークづくりの促進」
・災ボラ活動促進の側面支援県サポ11F拠点で平常時、必要備品備えた戦地準備活動、相互情報交換の場
・災ボラ情報収集・発信のしくみ関係機関連携でボランティアに関するニーズ情報の共有の場提供、インターネットでの情報発信・共有のしくみ構築
・多様な分野のボランティア・NPO等との連携強化平常時から協力関係構築
・企業・業界団体等との災害時の協力関係構築必要な資器材、ノウハウを有する事前協定等で関係構築

「人材の育成と活用」
・災ボラコーディネータの育成促進支援団体と協働で講座実施、養成取組支援
・災ボラコーディネータの活動促進講座受講者に災ボラ活動参加働きかけ

「マニュアルの作成等」
・支援センターマニュアルの検証・見直し訓練で随時検証・見直し

神奈川県 ボランティア活動保険(全国社会福祉協議会)

ボランティア活動中の事故や様々なリスクに備えるための保険です。

神奈川県下のボランティアセンターでは、全国社会福祉協議会が取り扱っている「ボランティア活動保険」の加入窓口となっています。

<基本プラン>1名につき350円
<天災・地震補償プラン>1名につき500円
<特定感染症重点プラン>1名につき550円

災害ボランティア活動をする場合は、地震・噴火・津波によるけがも補償する「天災・地震補償プラン」も選択できます。

窓口は、お近くの各市区町社会福祉協議会ボランティアセンターです。

  1. ボランティアセンター窓口に来所の上、加入申込票を入手する。
  2. 申込票に必要事項を記載し、窓口へ持参。(活動の前日までに受付を完了する必要があります)
  3. ボランティア活動内容の確認がなされ、保険の説明を受ける。保険料を現金で支払う。
  4. 申込票の控えを受領し、保管する。

団体契約者 全国社会福祉協議会 総務部
取扱代理店 株式会社福祉保険サービス(東京都千代田区霞が関3-3-2新霞が関ビル)
引受保険会社 主として 損害保険ジャパン株式会社 医療・福祉開発部第ニ課

神奈川県の関連情報