北海道で耐震診断・耐震補強の補助金≪既存住宅耐震改修補助≫

北海道で耐震診断・耐震補強の補助金

北海道で耐震診断・耐震補強の補助金(既存住宅耐震改修補助)

北海道では、平成18年12月に計画期間を10箇年とする「北海道耐震改修促進計画」を策定し、 平成28年5月には計画期間を5箇年として同計画(第2期)を策定しました。この計画は令和2年度末で終了しましたが、引き続き地震による被害の軽減を図り、道民の方々の安全で安心な生活を確保するため、道内の住宅及び建築物の耐震化を計画的に促進することを目的として、令和3年4月に「北海道耐震改修促進計画(第3期)」を策定しています。

本計画では、新たな目標として、令和7年度までに道内の住宅等の耐震化率を以下のとおり設定し、建築物等の耐震化の促進を図るために必要な施策等を進めています。

  ・住宅 : 95%

  ・多数利用建築物、耐震診断義務付け対象建築物 : おおむね解消

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

防災用品専門店ピースアップ

ピースアップは東日本大震災の翌年2012年10月に設立、2022年に設立10周年を迎え現在、防災士が5名在籍する、安全と安心と減災をお届けする防災用品専門店です。防災士が監修した防災セット・非常食セットの他、消防・操法装備品、消防機材、防犯用品、救命用品を含め約2000種類の商品から選べます。

≪防災士監修 4人用/3日分(36食)非常食セット≫【ピースアップ】 防災用品専門店ピースアップ
=災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】=

=PR= 災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】

ポータブル電源

ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きいため、蓄電池としても使用することができます。また、AC電源が搭載されているので、スマートフォンなどのモバイル製品だけでなく様々な家電への給電をすることが出来ます。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】 ポータブル電源

北海道 既存住宅の耐震改修費補助

安全で安心して生活できる住まいの実現のため、既存住宅耐震改修補助事業を次のとおり実施します。
住宅の耐震改修工事、または外壁改修工事等を予定している方は、ぜひこの制度を活用ください。

対象工事 地震災害対策工事の実施(診断・設計も含む)

補助率等 <改修>
補助割合:1/2
補助金限度額:10万円(耐震改修工事費が200万円を超える場合にあっては15万円)

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

防災用品専門店ピースアップ

ピースアップは東日本大震災の翌年2012年10月に設立、2022年に設立10周年を迎え現在、防災士が5名在籍する、安全と安心と減災をお届けする防災用品専門店です。防災士が監修した防災セット・非常食セットの他、消防・操法装備品、消防機材、防犯用品、救命用品を含め約2000種類の商品から選べます。

≪防災士監修 4人用/3日分(36食)非常食セット≫【ピースアップ】 防災用品専門店ピースアップ
=災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】=

=PR= 災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】

ポータブル電源

ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きいため、蓄電池としても使用することができます。また、AC電源が搭載されているので、スマートフォンなどのモバイル製品だけでなく様々な家電への給電をすることが出来ます。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】 ポータブル電源

北海道 無料耐震診断

北海道の無料耐震診断は、事前申込み(電話可)が必要で、以下の要領で行ないます。

受付時に住宅状況を示す関係図面が必要です(聴き取り調査を併せて行います)。
持参された関係図面等の資料を一旦お預かりし、受付後2週間を目途に診断結果の通知と図面等の返却を郵送で行います。

北海道窓口(建設部住宅局建築指導課 建築防災・安全係)

北海道建設部住宅局建築指導課 建築防災・安全係

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目
TEL : 011-204-5097
FAX : 011-232-0147