福島県で耐震診断・耐震補強の補助金≪木造住宅等耐震化支援制度≫

福島県で耐震診断・耐震補強の補助金

福島県で耐震診断・耐震補強の補助金(木造住宅等耐震化支援制度)

福島県は、建築物の耐震改修の促進に関する法律に基づき、「福島県耐震改修促進計画」を定め、県内建築物の耐震化を進めています。また、国が定める建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための基本的な方針の改正や、建築物の耐震化を取り巻く環境の変化等を踏まえ、計画に必要な見直しを加え、新たな計画「福島県耐震改修促進計画(令和3~12年度)」を策定しています。

福島県は、地震による被害を軽減し、県民生活の安全性の確保・向上を図るため、市町村と連携し耐震診断や耐震改修及びブロック塀等の耐震化への支援などに取り組んでいます。

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

防災用品専門店ピースアップ

ピースアップは東日本大震災の翌年2012年10月に設立、2022年に設立10周年を迎え現在、防災士が5名在籍する、安全と安心と減災をお届けする防災用品専門店です。防災士が監修した防災セット・非常食セットの他、消防・操法装備品、消防機材、防犯用品、救命用品を含め約2000種類の商品から選べます。

≪防災士監修 4人用/3日分(36食)非常食セット≫【ピースアップ】 防災用品専門店ピースアップ
=災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】=

=PR= 災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】

ポータブル電源

ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きいため、蓄電池としても使用することができます。また、AC電源が搭載されているので、スマートフォンなどのモバイル製品だけでなく様々な家電への給電をすることが出来ます。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】 ポータブル電源

福島県 耐震診断支援制度

耐震診断を希望する住宅へ市町村が有資格者を派遣し、現地調査を行います。
後日、耐震診断結果を通知します。また、耐震性がないと判断された場合は補強計画を提示します。

補助金額(上限)
15.6万円/戸

補助要件
昭和56年5月31日以前に着工した3階建て以下の木造住宅
県による耐震診断等の補助を受けたことがないもの

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

=PR= 設立10周年の防災用品専門店【ピースアップ】

防災用品専門店ピースアップ

ピースアップは東日本大震災の翌年2012年10月に設立、2022年に設立10周年を迎え現在、防災士が5名在籍する、安全と安心と減災をお届けする防災用品専門店です。防災士が監修した防災セット・非常食セットの他、消防・操法装備品、消防機材、防犯用品、救命用品を含め約2000種類の商品から選べます。

≪防災士監修 4人用/3日分(36食)非常食セット≫【ピースアップ】 防災用品専門店ピースアップ
=災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】=

=PR= 災害時も安心、大容量でコンセント使用可能な【Jackery ポータブル電源】

ポータブル電源

ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きいため、蓄電池としても使用することができます。また、AC電源が搭載されているので、スマートフォンなどのモバイル製品だけでなく様々な家電への給電をすることが出来ます。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】 ポータブル電源

福島県 耐震改修支援制度

上部構造評点:地震に対する建物の耐久力を示します。1.0未満の場合は、震度6強~7の地震で倒壊する可能性があると判定されます。

一般改修・・・上部構造評点が1.0未満のものを1.0以上になるよう補強・改修を行います。
部分改修・・・居間や寝室など主たる居室に特化して補強・改修を行います。

補助金額(上限)
工事費の4/5 かつ 最大60万円(多雪地域は72万円)

簡易改修・・・上部構造評点が0.7未満のものを0.7以上1.0未満になるよう補強・改修を行います。
現地建替・・・上部構造評点が1.0未満の住宅を解体し、同じ敷地内に現行基準に合った住宅を新築します。

補助金額(上限)
工事費の4/5 かつ 最大100万円(多雪地域は120万円)

補助要件
昭和56年5月31日以前に着工した3階建て以下の木造住宅
耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満のもの
県による耐震改修の補助を受けたことがないもの
避難路沿道等に存するもの(現地建替の支援のみ)

福島県 ブロック塀等耐震化支援制度

耐震性がないと判断されたブロック塀等の改修・除却・建替えを行います。

補助金額(上限)
工事費の2/3 かつ 最大10万円/件

補助要件
組積造又は補強コンクリートブロック造の塀
避難路沿道等に存するもの
ブロック塀診断の結果、倒壊の危険性があると判断されたもの
県によるブロック塀等の補助を受けたことがないもの

福島県窓口(土木部建築指導課)

福島県建築指導課
〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16
Tel:024-521-7523(指導審査担当)
Tel:024-521-7528(民間建築担当)